「コロナ離婚」を招かないために夫婦がすべき事

飲食店を営む夫の精神状態が不安定になった

コロナへの感染不安や経済的不安が、夫婦関係や家族関係にも影響を及ぼしています(写真:jessie/PIXTA)

「実は今、離婚に向けて準備を進めているんです」

席に座るなりこう切り出したのは45歳で2児の母の茜さん(仮名)です。

普段から夫婦喧嘩はほとんどなく、夫婦関係にトラブルがあったわけではなかったといいますが、年明け頃から夫の精神状況がだんだんと不安定になってきて、一緒にいることに恐怖を感じるようになってきたといいます。

生活不安が増幅し、精神不安定に…

「夫は自営業で、都内で飲食店を営んでいます。1月はもともとそんなにサービス業はいい時期とは言えないのですが、2月頃からコロナの影響もあって売り上げが通常より40%くらい落ちているようなんです。お店をオープンして20年くらい経つレストランバーでテナントビルも古いですし、内装も汚れて古くなってきたので、オリンピックも意識して、昨年の10月にリフォームしてリニューアルオープンしたばかりなんです。その返済が年明け頃から回らなくなってきちゃって……。

しかも、この状況がいつまで続くかもわからないので私も不安ですし、何しろ夫の精神状態が今まで見たことがないくらいおかしくなってきてしまってるんです」

連日状況が変わるコロナへの感染不安、そして経済的不安を訴える方はここ1カ月でどっと増えました。 学校の休校措置でストレスを抱える親御さんも少なくありません。 茜さんのように生活に保証のない自営業のお宅にとって、先の見えない生活不安はとても大きいです。

「私はもともと美容師をしていたので、子ども2人を保育園と学童に入れられたら仕事に復帰して生活を支えるからと夫に話しても、『俺が稼げてないっていう当てつけか! 子どもたちはどうすんだ!』と怒鳴るようになったり、小学校2年生の上の子が、休校措置で昼間家でゲームしてたら、『呑気にゲームなんかすんな!』と怒鳴ってゲームを取り上げて、子どもは見たことのないパパの形相に驚いてギャン泣きして、それを見てた3歳の下の子も怖かったのかギャン泣き。それにまた『うるさい!』と怒鳴って家を出て行ってしまって……。

次ページ「俺、もう死ぬしかない」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。