LINE、300億円で「出前館」を取り込む真の狙い

コロナ危機で需要爆発、外資競合にどう勝つ

出前館の配達員がファミリーレストランでデリバリーする商品を受け取る様子(写真:出前館)

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する今、自治体による外出自粛要請などを背景に注目度を増すフードデリバリー(出前)サービス。この市場で勝負をかけるのがLINEだ。

LINEは3月26日、出資先で国内最大の出前サービス「出前館」の運営企業・出前館と新たに資本業務提携を締結し、出前館が実施する第三者割当増資を引き受けることを発表した。

今回、LINEグループからの出資額は300億円にのぼり、追加出資後はグループで出前館の株式を約6割保有し実質子会社化する。LINEは6月に代表取締役社長に就任予定の藤井英雄・LINE O2OカンパニーCEOをはじめ、3人の取締役も派遣。出前館の中村利江・現社長は代表権を維持しつつ、会長に就く。

欲しかったのは「お金」だった

同日に出前館が発表した今2020年8月期の第2四半期決算は、売上高が38億円と前年同期比で22%伸びたのに対し、営業損失が9.8億円(前年同期は0.4億円の営業損失)と、大きく赤字が膨らんだ。

出前サービスの利用者数や加盟店数の増加に伴い、同社が注文ごとに受け取る手数料収入は拡大の一途をたどる。他方、配達を出前館側で請け負う拠点「シェアデリバリー」における配送員の拡充やダウンタウン・浜田雅功さんを起用した宣伝などに費用がかさんだ格好だ。

今後の成長を見据えた“攻め”の投資を行っている出前館だが、限界も浮き彫りになっていた。「私が非常に欲しかったのが、お金。お金がないと戦えないということを今回強く実感した」。27日の決算説明会で出前館の中村社長はそう明かした。

次ページ強力なライバルが出前館を猛追
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT