5G時代スタートも、乏しい通信大手の「差別化」

3社とも料金プラン出すが、決定打に欠ける

KDDIの髙橋誠社長は「5Gは動画の時代になる」と語りセットプランをアピールした(写真:KDDI)

「データ使い放題なので、(4Gよりも先へ)もう一歩行きたい」

3月中に携帯大手3社が相次いで開催した次世代通信規格「5G」の料金プラン発表会。順番的にトリになったKDDIの髙橋誠社長が、23日の会見で「象徴的なもの」として紹介したのが、4つのコンテンツを組み入れたプランだった。

具体的には5Gの月間のデータ通信を使い放題とし、ネットフリックスやテラサ(KDDIとテレビ朝日が共同で創る新サービス)などの動画配信サービスを組み合わせたプランになっている。月額料金は1万1150円(割引適用前で税抜き、以下同)だ。

動画コンテンツがつかない5G使い放題プランもあり、実際はこちらが柱になるとみられる。月額料金は8650円で、4Gの使い放題プランの月額7650円に1000円上乗せした。8月末までに契約すると25カ月間は毎月1000円を割り引く。

各社とも同水準の料金体系に

これに先立ち3月5日と18日に発表会を開いたソフトバンクとNTTドコモの5G最大容量プランの料金水準は、KDDIの使い放題のベースプランと大差なかった。

ソフトバンクの最大容量プランは、4Gで展開する月間データ通信上限が50ギガバイトで人気の動画やSNS(交流サイト)がノーカウントで使い放題というプランを5Gに横滑りさせたもの。5Gでは4Gの料金7480円に月間1000円を上乗せし、8月末までに申し込めば、こちらも24カ月間は毎月1000円の割引となる。

ドコモの5Gの最大容量プランは月間のデータ通信上限が100ギガバイトで7650円だが、キャンペーンでデータ通信を無制限にする。通信ネットワークに大きな負荷がかかればキャンペーン終了などもあるが、基本は使い放題だ。

次ページ各社のアピールポイントは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。