アメリカの砂漠、1970年代に車で横断した記憶

大自然の描く壮大なドラマだったが飽きも

フォード・エコノライン、最大にして最上位のモデルでアメリカ・デザートエリアを巡る旅へ(イラスト:LEON編集部)
国内のみならず海外でもさまざまなルートを走らせてきた筆者。その中でも、思い出深い旅行中に起こったハプニングとは?

1970年代の終わり頃だったと思う。友人ご夫妻とわが家の3人で砂漠を旅した。

友人ご夫妻とは、当時、集英社に勤めていらした原多加志さんご夫妻。週刊プレイボーイでクルマ担当をなさっていた縁で知り合い、今も親しくさせて頂いている。

わが家は、まだ小学生だった息子を含めた3人。総勢5人での旅だった。 

原さんも僕も砂漠が好き……そんなことで、旅は、LAを起点に、カリフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコのデザートエリアを巡るルートにした。

旅の足は、フォード・エコノラインの最大にして最上位のモデル(ベッド付)を選んだが、正解だった。

ほぼ3000kmを6日で走ったが、エコノラインは快適だった。3列目シートを倒すと、大人2人がゆっくり横になれるほどのベッドになるのもありがたかった。

原さんと2人で交互に運転したが、少し疲れたりすると、ベッドで身体を伸ばして横になれるのは気持ちがよかった。

出発直前、トラブル発生!

ここで、話は前に戻るが、出発直前、思いがけないトラブルが起きた。息子が腕を骨折。僕がぎっくり腰をやってしまった。

本記事はLEON.JPの提供記事です

幸い、息子の骨折治療は峠を越えていた。痛みもなく、副え木を付け包帯を巻いてだが、医者から旅の許可は出た。

問題は僕のぎっくり腰。出発の前日か前々日だったと思うが、ギクッと来たときは目の前が真っ暗になった。

すぐ針治療に行き、強固なサポーターを買い、なんとか歩けるようにはなった。でも、重いものは持てない。

となると、トランク運びは原さんにお願いせざるをえない。旅の後半辺りにはほぼ回復したが、重いものを持つのは怖い。結局、旅が終わるまでの「重量物運搬」は全部、原さんに頼ることになってしまった。

次ページ濃霧の不思議なムードの中、木造のモーテルへ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT