アメリカの砂漠、1970年代に車で横断した記憶

大自然の描く壮大なドラマだったが飽きも

スタートではつまずいたが、旅は予定どおり進んだ。初日はLA郊外のモーテルに飛び込みで泊まった。LAは珍しく濃霧に包まれ、いつもとはまるで違う表情を見せていた。

モーテルはこじんまりした木造の小屋風。変わった形のプールを囲むように建てられたそれは、濃霧とも相まって、山小屋にでも行ったかのような不思議な感覚として覚えている。

旅のスケジュールはなにも決めていなかった。「とりあえずはグランドキャニオンを見よう」と西に向かってスタートした。

広大な砂漠、沈む夕日…大自然の描く壮大なドラマ

LAを抜けて内陸部に入ると、すぐ砂漠が広がる。広大な砂漠の中をゆったりとうねるインターステート・ハイウェイは、アメリカ西部の最も特徴的な景観のひとつだ。

奥様方も、はじめのうちは「わーっ、すごい!」「こんなスケール感って初めて!」などと楽しんでいた。

時折出合う小さな町にも「映画のセットみたい!」と、楽しそうだった。

砂漠に沈む夕陽を心ゆくまで味わおうと、場所を選んでクルマを停めた。アイスボックスに入れた飲み物とお菓子を持ってクルマから降り、大自然の描く壮大なドラマを楽しんだ。

その夜は砂漠の中の町の小さなレストランで夕食を食べ、小さなモーテルに泊まった。

夕陽のドラマ、小さな町の小さなレストラン、モーテル……これまた奥様方にウケた。初めての経験が物珍しく、楽しかったのだろう。息子も同様な反応だったように思う。

原さんも僕も、こうした反応にホッとした。ある種単調な砂漠の旅に、「NO !」が突きつけられるのではないかと心配していたからだ。その意味では、上々の滑り出しだった。

2日目はグランドキャニオンに真っすぐ向かった。ビューポイントから見たグランドキャニオンの景観にはただただ圧倒された。

馬の背に乗ってのキャニオンツアーでも体験すれば、もっと強烈な体験ができたのだろうが、奥様方の拒絶は明らかだったので、言い出すのはやめることにした。

次ページ3日目、奥様方の雲行きが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。