寄り付きの日経平均急落、2日の2万0834円意識

新型コロナによる米国株安と円高を嫌気

 3月6日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比319円32銭安の2万1009円80銭となり、大幅に反落した。写真は都内で2018年9月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比319円32銭安の2万1009円80銭となり、大幅に反落した。前日の米国株式市場で主要株価3指数は3%超安。米株の下げや円高が嫌気され、東京市場は朝方から売り一色となっている。東証33業種では全業種が下落、中でも海運業、非鉄金属、鉄鋼などが値下がり率上位となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT