イオン、23年ぶり新トップが抱える2つの課題

創業家社長の後任として成長軌道をどう描くか

具体的に社長人事の議論に入ったのは、2019年の初めごろ。今回のタイミングでの交代について、岡田元也氏は「何の意味もない。善は急げということで決まった」と言う。グループ会社首脳は、「2017年12月に中長期構想(『イオングループ2020年に向けて』)を打ち出した際に、遅かれ早かれ交代することを直感した」と説明する。

岡田元也氏の後任に選ばれた吉田氏は、イオンの拡大戦略において重要な役割を担ってきた。中国など国内外での店舗開発の経験が長く、現在はグループ営業利益の2割超を稼ぐイオンモールの社長を務める。

副社長3人の就任がトップ交代の布石

2019年3月からはディベロッパー事業に加えてデジタル事業の責任者も兼務。その前年には現在デジタル事業を統括する齊藤岳彦執行役(当時51歳)が就いたが、イオンをよく知るIT業界関係者は、「(齊藤氏の下では)統制が十分とはいえず、吉田氏が責任者になってデジタル事業が軌道に乗り出した」と打ち明ける。

吉田氏は、2019年11月に提携した英ネットスーパー「オカド」との交渉役も担当。ロンドンでオカドの宅配車に乗り、人工知能を駆使した配送システムの運営状況を確かめた。オカドのデジタル技術を活用したネットスーパー事業の拡大は、岡田元也氏がデジタルシフトに対する「われわれの答え」と位置づけるものだ。

岡田元也氏は、「想定外のことを想定しながら勇猛果敢に対処できる」と評する。2019年3月に吉田氏を含めた3人の代表執行役副社長を配置したのは、トップ交代を見据えた布石だったといえるだろう。

図表で示したように、イオンの歴代社長は岡田屋とフタギの創業家や銀行出身者(出身行の総会屋問題で1年で交代)が担ってきた。83年にジャスコに入社した吉田氏は、初の生え抜き社長となる。「小売りの現場を体験しているのは強み。経営判断する際の材料になる」と、吉田氏は社長交代会見で緊張した面持ちで語った。

次ページイオンには喫緊の課題がある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT