優秀な人の「あえて答えを言わない」超会話術

指示待ち部下は上司が作っているという事実

そしてもう1つ、忘れてはいけないのは「間違いを否定しない」というルール。人を育てる人は、これを自分の中で徹底してください。これは部下だけでなく、実は子育ても同じです。

先ほどの例でも、「明るい青」という答えを導きたいのに、相手からは「紺」という答えが返ってきました。このように、明らかに間違ったことを言われたとき、わたしたちはつい相手の意見を正したくなります。実はここにも「自己重要感」が隠れています。違う意見を主張されると、私たちは「自分の自己重要感が損なわれた」と感じてしまうからです。

ここで自分の「自己重要感」を脇に置き、相手の「自己重要感」を優先することができるかどうか。相手が検討違いの答えを言っても否定せず、気づくまで質問を続けるという「神対応」ができれば、人は「あなたのもとで働きたい」「あなたのために働きたい」と思ってくれるようになります。

行動を継続させる「自己重要感」の高め方

人が「動く」要因はというのは、実は2つしかありません。

・「快を得る」(ために動く)
・「痛みを避ける」(ために動く)

「快を得る」ためのパワーを元にした行動は「継続性」に優れ、「痛みを避ける」ためのパワーを元にすれば、瞬間的な行動を導くことができます。優秀なリーダーは、この2つをうまく使い分けています。「自己重要感」という感情は、人間にとって「快」の感情です。そのため部下に恵まれている人ほど、相手の「自己重要感」を満たす会話をしているものです。

『神トーーク「伝え方しだい」で人生は思い通り』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

これは私も日々感じていることです。作家に締め切りはつきもの。ただ、毎回「◯日過ぎたら、原稿落ちます!」という「痛い脅し文句」で対応されたら、疲れ切ってしまいます。これでは、「いい原稿を書こう」というモチベーションも下がります。

同じ締め切りの話でも「何日までならできそうですか?」とまずは聞いてもらえたほうがうれしい(笑)。そのうえで「来月号に載せるとしたら、何日までにもらえますか?」などと聞いてもらえれば、「それなら月末までに」と、「ちょっと頑張ってでも仕上げよう」というモチベーションも湧いてきます。自分の意見が尊重されている、自分は大切にされていると感じることができれば、やる気も出てくるものです。

周りの人が思ったとおりに動いてくれないのは、あなたの対応のせいかもしれません。指示を出したり、アドバイスするのではなく、相手に気づかせ、相手を否定しない「神対応」ができれば、周りはどんどん成長し、あなたの仕事もずっと楽になるはずです。少しでも気になった人はぜひ今日から実践してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT