FF化したBMW「1シリーズ」に魅力はあるのか

乗ってわかった「メリット」と「デメリット」

新たにFFとなったBMW「M135i  xDrive」(筆者撮影)

BMWはかつて、FR(後輪駆動)のクルマしかつくらない旨を公言し、実際にずっとそれを守っていた。

コンパクトハッチバックのエントリーモデルとして2004年にラインナップに加わった「1シリーズ」も2代目まではクラス唯一のFR車で、そこに共感するファンは少なくなかった。とくに日本では。FRだからこそ、1シリーズを選んでいた人も少なくない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ところがBMWは、方針を転換した。まず「2シリーズ」の「アクティブツアラー/グランツアラー」というMPV(マルチ・パーパス・ビークル)に、傘下にある「MINI」のFF(前輪駆動)のプラットフォームを流用した。それが2014年のこと。

次いで、初代はFRだったSAV(=スポーツ・アクティビティ・ビークル)のエントリーモデル「X1」も、2015年に2代目にモデルチェンジする際にFF化した。その派生モデルの「X2」もFFで登場。そしてこのほど、3世代目を迎えた1シリーズも同じくFFとした。さらに、「2シリーズグランクーペ」も同様で、FFのBMWは着々と増殖中だ。

なぜBMWはFFを採用したのか?

理由はいたってシンプルで、言うまでもなく後席の居住性や荷室を広く確保できるからだ。1シリーズの場合、このカテゴリーは実用性を求めるユーザーが多く、逆に駆動方式にこだわるユーザーはそれほど多くない現状を受けてのことだという。表立っては言及しないが、コストダウンを図るうえでもFFのほうが有利であることも、裏テーマとしてあることは想像に難くない。

中核モデルとなる118i(写真:BMW)

実用性が高いに越したことはないとして、日本ではこだわる人の少なくない駆動方式に、欧州のユーザーは意外と無頓着のようだ。調査によって、せっかくBMWが後輪駆動を採用していたのに、あまり共感を得られていなかったことが判明したと言う。

むしろ実用性を高めることでフォルクスワーゲン「ゴルフ」やメルセデス・ベンツ「Aクラス」、アウディ「A3」など同じ土俵に上がることのほうが大事で、メリットを生かすよりも、デメリットをなくすほうを選んだわけだ。

次ページFRからFFになってどう変わったか?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。