新型コロナ、あのMERSと何が共通しているのか

過去の感染症が示す発生→流行のメカニズム

過去の感染症はどう発症して広がっていったのか(写真:AH86/iStock)

新型コロナウイルスの猛威が収まらない。増加する感染者の数が報道されるたびに不安ばかりが大きくなってくるが、そもそも「感染症」とはどのようなものなのだろうか。

そのことについて、『怖くて眠れなくなる感染症』(PHP研究所)の著者、岡田晴恵氏は次のように記している。岡田氏は感染免疫学、公衆衛生学を専門とする白鴎大学教育学部教授である。

感染症とは“うつる病気”です。
細菌やウイルス、真菌や原虫などの感染症の原因となる微生物(病原微生物と言います)が体内に侵入して増えると“感染”です。
そして、感染して症状が現われると“発症”になりますが、ほとんど症状が出なかったり、軽症で済むものから、高い致死率で犠牲者が発生し、回復しても重い障害が残ったりする重大な感染症まであります。(「はじめに」より)

したがって、うつらないように感染経路を遮断する方法やワクチン接種、「かかったかもしれない」というときの対処法などの知識を持っていることが重要だということだ。

そこで本書では、犠牲者を減らすための策を研究し続けている立場から、読者に伝えたいことを明らかにしているのである。具体的には、「ペスト」「コレラ」「ノロウイルス感染症」「エボラ出血熱」など、さまざまな感染症の特徴が解説されている。

2017年に刊行された書籍なので、いま問題となっている新型コロナウイルスについての記述はないが、それでも参考にできる部分は少なくない。そこで今回はPart 1「近未来に怖ろしい感染症」のなかから、「MERS――大流行する新型コロナウイルス」に焦点を当ててみたい。

2012年の衝撃

MERS(Middle East Respiratory Syndrome 中東呼吸器症候群)は、2012年に見つかった新型コロナウイルスによる急性の呼吸器感染症です。2003年には突然、原因不明の重症の急性肺炎としてSARS(重症急性呼吸器症候群)のSARSウイルスが発生、アジアを中心に世界各地で流行を起こしパニックとなりました。MERSは、そのSARSウイルスの近縁ウイルスによる感染症です。(26ページより)

MERSは2012年にサウジアラビアで最初の感染者が確認され、以後アラビア半島やその近隣地域などでも感染者や患者が発生。また感染者が航空機などで移動することにより、マレーシア、フィリピン、韓国などのアジア地域やヨーロッパ、アメリカにも感染者が発生した。

次ページ韓国で流行
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT