お金が貯まらない人の「冷蔵庫」はここが問題だ

ケチらずに食費を減らせる冷蔵庫の使い方

次に野菜室。ここは、深さがあるのが特徴。つい無尽蔵に詰めてしまいがちだが、野菜は傷みが早いだけに鮮度を保つ入れ方の工夫が必要だ。

野菜は傷みが速いだけに、鮮度を保つ入れ方の工夫が必要(写真:安部まゆみ)

ポイントは、

①使いかけの野菜は、目につきやすい上段の1カ所にまとめること。散乱していると、あとになって使い忘れた野菜がたくさん出てくる羽目になる。

②葉野菜は、深さを生かして立てて保存すること。育ったときと同じ状態を維持することでみずみずしさをキープできる。

③気温20度以上なら、イモや玉ねぎも野菜室に入れること。キッチンペーパーでくるんでからポリ袋に入れて保存し、芽が出てしまうのを防ごう。

ブックエンドなどを活用して「立てる」

最後に冷凍室。うまく使えば食品ロスの削減に役立つが、つい入れっぱなしになりがちでもある。

ブックエンドなどを活用し、立てることで在庫が一覧できる(写真:安部まゆみ)

層のように入れると下のものが死蔵化するので、立てて入れて、在庫を一覧できる状態にすることが大事だ。ブックエンドなどを活用するときれいに立てられるし、取り出しやすい。

また、肉や魚を冷凍するときは、パックのまま放り込まないこと。ラップにぴったり包んで空気を抜き、さらに保存袋に入れてから冷凍すれば、酸化を防ぎ、おいしさをキープできる。

肉や魚を冷凍するときは、ラップに包んでから保存袋へ(写真:安部まゆみ)

いかがだろうか。冷蔵庫の使い方ひとつで、食事の質は落とさずに、食費を大きく削減できる。ひいては食品ロスという社会問題の解消にもつながる。

年金生活をおくるシニア層はもちろん、あらゆる家庭でぜひ実践していただきたいテクニックだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。