第2回 そうはいっても正社員は魅力的

印刷
A
A

質問4 無理して正社員目指して就活しなくてもいいんじゃないですか?

いまは景気が悪くていい就職先もないし、自分のやりたいこともまだはっきりしていないし、企業の中途採用も増えてきているし、実家住まいで家賃はかからないし、などの理由から、とりあえず、バイトでもして暮らそうかなー、と考えている人もいるかもしれません。

ですが、現実はそう甘くはありません。バイトから正規職員になる道は険しく、過去30年間、非正規職員は増え続けています。

2012年の労働力調査を見ると、正規職員は3340万人ですが、非正規職員は1813万人で増加し続けています。はじめのボタンの掛け違いがその後の人生を規定しまう可能性が高いのです(そういう状況は決して望ましいことではないので、政策的な対応が求められるところでもあります)。

平成24年(2012年)賃金構造基本統計調査で賃金を見ると次のようになっています。

 正規職員の賃金 31.7万円(年齢41歳、勤続12.7年)
 非正規職員の賃金 19.64万円(年齢44.9歳、勤続6.8年)

非正規職員の賃金は、正規職員の61.2%です。

日本では、新卒一括採用という大枠はまだ崩れていないので、できるならそのチャンスを逃さないようにしてほしいと考えます。

安定した仕事につけないと、その後、結婚できなかったり、社会的に孤立したり、といった弊害が出る、ということも指摘されていて、社会問題になりつつあります。お金の問題だけ考えれば、一人で暮らすならバイト等で十分生きていける、という判断もあると思いますが、負の面もあることも、指摘しておきたいと思います。

もっとも、終身雇用や年功賃金などの雇用慣行も徐々に崩れつつありますし、これから高齢化が進むことで、高齢者の雇用や、女性の活用なども大きな課題となっています。

ですので、これから雇用形態は多様化していくはずです。正社員、非正社員、といった分類自体が通用しなくなる可能性も高いと言えます。

いま勢いのあるいい会社の正社員になったから、今後の人生は安泰だ、というわけでなく、しっかり自分のキャリアを設計していく必要がありそうです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT