「論語」の教えがグサグサと胸に刺さりまくる

2500年読み継がれる最強ビジネス書の魅力

子曰く、吾は猶(な)お史(し)の(小善を記したる?)に及べり。馬ある者は人に借(か)してこれに乗らしめたり、と。今は亡きかな。

「宮廷で作られる歴史文書もすっかり変わってしまいました。昔は、小さな善行とでも呼ぶようなエピソードでも載っていました。例えば、馬を持っている人が持っていない人に貸してあげて、おかげでその人が馬を引くことができた、というような小さな出来事です。

そんな些事(さじ)を、と思うかもしれません。でも、歴史というものは、そのような目立たぬ、小さなエピソードでできています。ちょうどわたしたちの人生がそうであるように。そんな、人として持つべき正しい感覚を、かつての歴史文書は持っていたということなんですね」

子曰く、巧言は徳を乱る。小を忍ばざれば、則ち大謀を乱る。

「わたしがかつて、『巧言令色(こうげんれいしょく)には、鮮(すくな)いかな仁』といったのを覚えていますか。ただ口当たりがいいだけのことばを使いつづけていると……そういう人たちは本当に多いのですが……その人は内部から腐ってきます。ことばというものには、そういう力があるのです。

この世の中には、つまらないことがたくさんあります。その1つ1つに怒りたくなることもあるでしょう。我慢がならないと。踏みとどまってください。あなたの力をそんなつまらないことで消費しないでください。あなたには、やるべきことが、本当に怒らねばならぬことがあるはずなんですから」

大衆の移ろいには気をつけよ

子曰く、衆、これを悪(にく)むは、必ずこれを察し、衆、これを好むも、必ずこれを察す。

「気をつけてください、大衆に。いえ、わたしは、大衆を信じるなといっているのではありません。彼らこそ、わたしたちが働きかけなければならない唯一の存在なのですから。信用してはいけないのは、彼らがする『判断』です。

なぜなら、彼らの判断はつねに揺れ動き、また、感情に支配されているからです。彼らが怒り、憎む人がいたら、疑ってください。そして、自分の目と心で判断してください。同じように、彼らが愛し、好み、喝采(かっさい)を送る人間にも気をつけてください。そこには危うい何かがあるのです」

子曰く、人、能く道を弘(ひろ)む。道の人を弘むるには非(あら)ず。

「『真理』は自然に広がってゆくものではありません。人間を……あなたたちを通じて、この世界に広がってゆくものです」

子曰く、過(あやま)ちて改めず、是れを過ちと謂(い)う。

「わたしたちは誰でも間違います。よく聞いてください、それは悪いことではないのです。わたしたちは不完全な存在です。そして絶えず間違える。間違えることによって、自分に何が足りないのかがわかるのです。

だが、過ちがあっても、それに気づかぬふりをする人がいます。その人間が大切にしているのは、かわいそうに小さな自分の自我なのです。それを守るために、彼は間違いに気づかぬふりをするのです。真の過ちとは、そのことです。もう一度いいます。過ちは大切です。過ちは、わたしたちを真理に連れてゆくパートナーなのです。どうか過ちに気づいてください。そして、気づいたら、自分を真理に向け直してください」

次ページ自分で考え続けても真理にはたどり着かない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。