快進撃「SixTONES vs Snow Man」への違和感

デビュー曲が初週ミリオン突破の快挙も

世間の人々から批判があがっているのはマネジメント側だけではありません。SixTONESとSnow Manのデビューを報じるメディアにも厳しい声が浴びせられています。

どのメディアも、2グループ合算やハイタッチ券についてはふれず、スポーツ新聞やネットメディアは「偉業達成」「超ド派手同時デビュー」「史上最速ミリオン確実」などの称賛のみを書き、中にはまだスタートしたばかりであるにもかかわらず「今年度最高の売り上げ」という記事すらありました。

また、テレビでは情報番組をジャック。例えば、日本テレビだけを見ても、『ZIP!』『スッキリ』『バゲット』『ヒルナンデス!』などに何度も出演していましたし、ゴールデンタイムのバラエティーも「出ていないほうが少ないのでは?」というコメントがあがるほど多くの番組に出演しています。

一般視聴者には唐突感がある

中でもよく見られるのは、「キャラを押し出した自己紹介」「これまでの苦労話」「一発芸やモノマネ」「デビューシングル披露」というフルコースの出演。一般の視聴者にしてみれば、いつもの番組に知らないタレントが混じっている唐突感があるだけに、「ジャニーズ事務所への接待なのか」「それにしても忖度しすぎ」、ひいては「視聴者をバカにしている」と考えてしまう人がいても不思議ではありません。

ジャニーズ事務所を出た元SMAPの3人がいまだ限定的な番組出演にとどまっている中、この大量出演を見た人はあらためてテレビ業界の悪しき商慣習を感じてしまうのではないでしょうか。皮肉にも世間の人々は、SixTONESとSnow Manのメンバーがテレビ番組に出るほど、ジャニーズ事務所の強引なマネジメントと、それを最大限に受け止めるテレビ局の忖度を感じてしまうのです。

これを読んだ両グループのファンは、「せっかくデビューできたのに、なんて記事を書いてくれたんだ」という怒りもあれば、「彼らの将来を考えるとマネジメントのまずさはハッキリ指摘してもらったほうがいい」という理解もあるでしょう。デビューは本人もファンも喜ばしいことですし、SixTONESもSnow Manもみずみずしい姿を見せてくれています。

書いた私自身も、若い彼らの活躍や成長を見守りたいと思っていますし、だからこそマネジメント側やメディアが世間の人々を甘く見るような手法で、その可能性を狭めてはいけないのではないかと感じたのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT