2020年は「日本株が米国株よりも有望」は本当か

重要なのはトランプ大統領再選だけではない

「2020年は最高値圏にあるアメリカ株よりも、日本株のほうが上昇する」という見方があるが本当だろうか(写真:AP/アフロ)

2020年の世界の株式市場は、波乱の幕開けになるかと思われたが緊迫化したアメリカ・イラン情勢が一服。その後の米中貿易協定の第1段階合意などを経て上昇基調が続き、アメリカ、ヨーロッパの主要株価指数は1月中旬に史上最高値を更新した。年初に大幅安で始まった日本株市場も落ち着き、日経平均株価は昨年12月中旬とほぼ同水準の2万4000円付近で推移している(1月22日の終値は2万4031円)。

2020年の「日本株の逆襲」はあるのか?

日本株の値動きは、アメリカを中心とした海外株の動向次第となっている。こうした中で、2020年末までの株式市場を考えると、アメリカ株の高値更新が続き割高感が意識され、一方出遅れている日本株にむしろ上昇余地が期待できるとの、一部の市場関係者の見方を聞いた。2018、19年と2年連続で、日本株が、アメリカ株を大きくアンダーパフォームしたため、割安に見えることは確かである。

2020年の世界経済の成長率が高まり、世界的な株高となれば2年連続でアメリカ株に負け続けた日本株がアウトパフォームする展開はありうる。日本株は、先進国株というよりは中国などの新興国株と同様に位置付けられており、投資家のリスク選好姿勢が強まった時に上昇し易いと言える。ただ、これらの理由で、2020年の日本株に強い期待は抱き難いと筆者は考えている。まずは、2020年の世界経済については、筆者は回復が続くとみているが、そのペースは緩やかにとどまると予想する。

次ページ2013年、2015年の日本株好調の背景には円安基調があった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT