中国出生率が建国来最低、19年出生は1465万人

「一人っ子政策」廃止寄与せず

 中国国家統計局が17日に発表した2019年の出生率は、70年前の中華人民共和国建国以来の低水準となった。写真は浙江省の公園で遊ぶ親子。2018年撮影(2020年 ロイター)

[北京 17日 ロイター] - 中国国家統計局が17日に発表した2019年の出生率は、70年前の中華人民共和国建国以来の低水準となった。政府にとって長期的な課題を突きつけられた格好。

19年の出生率は1000人当たり10.48人と1949年以来の低水準となった。

出生数は約58万人減の1465万人だった。

多くの若年夫婦は、高額な住宅コストに加えて医療や教育費を支払うことができず、子どもを持つことに消極的になっており、2015年に一人っ子政策廃止が発表されたものの、出生率上昇にはつながっていないことが浮き彫りとなった。

一方、離婚率は過去最高水準に達しており、民政部の統計によると、2019年第1─第3・四半期に離婚を申請した夫婦は約310万組。結婚を申請したのは710万組だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。