スクープ! スシローのナンバーツーが退社

経営幹部の相次ぐ離脱で募る不安

ペルミラの傘下に入ってからは情報開示に消極的となり、スシローの内部で何が起きているかはつまびらかではない。ただ、加藤が退任するのと同じタイミングで、ファミリーマート出身で商品開発を担当していた執行役員の丸山直美も会社を去っている。

さらに少しさかのぼると、ペルミラ側の責任者としてスシロー買収をまとめ上げた加藤有治が、昨年7月末でスシローの取締役を退任。同年12月末にはペルミラからも退いている。

マクドナルドの“いつか来た道”

マクドナルドと同じ道を歩んでしまうのか

相次ぐ幹部の離脱に、「かつてのような成長が期待できなくなり、現場出身の社長とコンサル出身の経営幹部という組み合わせが機能しなくなったのではないか」と、人材業界関係者は分析する。

まだスシローの専務だった頃、加藤智治は「外食はピープルビジネスだ」と、経営の要諦を説明していた。まったく同じことを唱えたのが、日本マクドナルドホールディングス会長の原田泳幸だ。同社の業績は2011年をピークに低迷。それと前後するように幹部が退社しており、こうした人材流出が不振の一因と見る向きもある。

回転ずし国内トップに躍り出たスシローから幹部が続々と去り、わずかながらも売り上げの成長が鈍化している現状は、数年前のマクドナルドを想起させる。ワントップとして残った豊崎の手腕が試されている。(敬称略)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。