著名民間美術館が相次ぎ刷新--歴史を語り継ぐ“美の殿堂”の魅力



 夭折(ようせつ)した天才の挑戦する姿が、今なお観る者を感動させる。絵画約120点のほか、スケッチ、日記等の資料も公開(11月29日まで)。12月5日から2010年1月31日までは「東山魁夷と昭和の日本画」展。魁夷の代表作に加え、同時代を生きた橋本明治、安田靫彦、上村松篁らの往年の名作も登場する。

 続いて、10月7日、「新創記念展」で再スタートしたのは東京・港区南青山の根津美術館。初代嘉一郎氏(1860~1940)は根津コンツェルンの総帥、東武グループの創始者として知られるが、東洋古美術に造詣が深く、没後、その遺志により根津美術館が設立された。運営は2代目嘉一郎氏(1913~2002)に引き継がれ、現在は孫の公一氏が館長を務めている。
 
 国宝7件、重要文化財87件、重要美術品96件を含む計7000件の幅広いコレクションを誇る。しかし、70年の間に、建物の老朽化もあり、コレクションの安全のための収蔵庫の免震対策が急務となった。併せて点検、再整理の作業。かくて3年半にわたる工事を終え、満を持しての再登場となった。

2万平方メートルを超す広大な敷地内の日本庭園、由緒ある茶室等はそのまま生かし、本館部分を隈研吾設計で一新したが、全体は「和」のデザインで統一されている。展示スペースは従来の2倍に増え、六つの展示室にはテーマ別に収蔵品が並ぶ。
 
 オープン展は第1部「国宝那智瀧図と自然の造形」(11月8日まで)。第2部は11月18日~12月23日にかけて「根津青山の茶の湯 - 初代根津嘉一郎の人と茶と道具」と題し、重要文化財の「青井戸茶碗」など名品が紹介される。

民間美術館が生きる知恵

さて、ここで、三つの民間美術館のこれからの在りように触れてみたい。リニューアルや組織替えの時期が重なったのは偶然だが、共通する危機感がない訳ではない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT