「手紙で人を口説く達人」秀吉の筆まめ文章術

相手を「感動させる」という点に優れていた

長谷川は三木城を攻める織田家中国方面軍の様子を見聞して、信長に報告しました。天正6(1578)年のことです。実は、この三木城攻めは約2年かかり、戦国時代の城攻めにおける長期戦として有名ですが、秀吉は城を取り囲み、兵糧を完全に断って、ようやく落城させることに成功しました。

合戦上手の秀吉ですら、それほど手こずったのですが、この間、短気なイメージも強いあの信長が、「いつまでかかっているんだ」と激怒することなく、珍しくじっと待っていました。その裏には、長谷川の秀吉に対する好意的な報告があったのです。

秀吉は戦略的に城攻めをしており、いずれ必ず落城させるだろう、と具体的な証拠を列記しました。長谷川の好意的な報告がなければ、秀吉は中国攻めの方面軍司令官を解任されていたかもしれません。

秀吉の文章術は現在でも通じる

この長谷川が、秀吉に貢献してくれた決定的な場面があります。それが冒頭でも少し触れた「本能寺の変」です。この一大事を、いち早く秀吉に手紙で伝えたのが長谷川でした。主君の信長が明智光秀に討たれた折、長谷川は堺見物に出た徳川家康の一行をもてなすため、信長の許を離れていました。ゆえに彼は命拾いをしたのですが、この第一報を、誰に急送するか。運命を分けたのは、秀吉の日頃からの交際でした。もし、この急報がなければ、秀吉は天下を取れなかった可能性もあるのです。

『心をつかむ文章は日本史に学べ』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

秀吉は、手紙で相手を褒め、時には自虐やユーモアも入れて、読んだ人間が喜び、心に残るように、考え抜いて書きました。受け取った人は、「ああ、この人は自分のことをわかってくれているな」と思うと、心が動き、初めて感動が生じるのです。

この秀吉の文章術は、現在でも通じるでしょう。現代人は日々、大量のメールをやりとりしていますが、その中に、人の心に残る文章やフレーズがどれだけあるでしょうか。一方的に、こちらの意思を伝えるだけの内容になっていないでしょうか。あらためて振り返りたいものですね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT