「肩書にとらわれない」32歳の自由な働き方

世界を沸かせるヒューマンビートボクサー

「アメリカの人は目が肥えていて、いいものにはものすごいいい反応を返してくれる。僕はビートボクサーではあるけれど、独自のテクノロジーを使ったりとかしているオリジナリティーがウケたのだと思う」。

パフォーマンスが終わると「トラック野郎みたいな人」が近づいてきた。そして「『最初出てきた時は変や奴がでてきたな、と思ったけど、お前すごいな。ビールおごってやるよ』って。いかにもロックやカントリーが好きな人から僕のようなビートボクサーが褒められるなんて、とうれしかった」。

尊敬するアーティストはみんな身軽

ジャンルが何であろうと、いいものやオリジナリティーが高いものに対しては、圧倒的に高い評価を与える。いかにもアメリカらしい話だが、「中国人も気質的にすごく似ている」とリトモ氏は言う。今はそうやって自分のパフォーマンスを楽しんでくれる国を回る一方で、SNSなどを通じて新たなフィールドを開拓していきたいと考えている。

それにしても、この気負わなさや身軽さはどこから来るのだろうか。「僕はもともと引っ込み思案な子供だったのだけれど、パフォーマンスを『やって』と言われると、『やる、やる』ってなる。たぶん好きなモノを見つけられたからですね。それを求めてくれれば、『もっと聴かせるよ』みたいな」。

「仕事を通じて、尊敬するアーティストに会えることが多いのだけれど、例えばマルーン5は全員がすごくフランクだし、好奇心旺盛で探究心もすごい。日本のビートボックスの先駆者である、AFRA(アフラ)さんもめちゃくちゃ明るくてフットワークが軽い。そういうのを見ていて、オープンなほうが開けるんだなってまねし始めたのかもしれないです」

自分の枠やジャンル、ブランドを決めすぎずに、来る者は拒まない――。つねに動きやすくすれば、可能性は広がり、何か1つに縛られた生き方をしなくてもよくなってくる。職業や肩書へのこだわりを捨てられる人からどんどん自由になれる時代なのかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。