新型「ディフェンダー」71年目の大刷新の全貌

ランドローバーの本格4WD車は何が変わったか

代官山に置かれた新型ディフェンダー(写真のモデルはプロトタイプ)(写真:LEON編集部)
誕生から71年目にして初めてフルモデルチェンジされた本格クロスカントリー4WD「ランドローバー ディフェンダー」。あの無骨なマシンは、最新の技術でどう生まれ変わったのか? そのポイントを最も気になるデザインを手がけたジェリー・マクガバン氏に聞いた。

気になるニューモデル

メルセデス・ベンツGクラスと双璧をなす、男心をくすぐるクロスカントリー型4WDといえば、イギリスのランドローバー・ディフェンダーだ。「自分の持っている土地をジープのように走りまわれるクルマが欲しい」と考えた男の手で1948年に開発され、以来フルモデルチェンジもなく21世紀まで生産されてきた。

本記事はLEON.JPの提供記事です

男のこだわりが生んだディフェンダーが、いよいよフルモデルチェンジの時期を迎えた。71年目にして、というのがすごい。古い道具だって、機能が高ければずっと使えばいい、と、いかにもイギリス的に思える環境で愛用されてきたクルマだけある。

新しいディフェンダーが2019年11月に東京でもお披露目された。最初はラグビー・ワールドカップ2019大会の決勝戦会場にて。南アフリカ勝利の後トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を載せて、日本代表チームのリーチ・マイケル主将の運転で、7万人を超える観客の見る中、グラウンド外周を走ったのだった。

次ページチーフデザインオフィサーのマクガバン氏も来日
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT