野村HD、「奥田新社長」が背負う期待と難題

不振の国内営業部門をいかに立て直すか

野村ホールディングスの新しいグループCEOに就く奥田健太郎・グループCo-COO(左)。右は、永井浩二・現グループCEO(撮影:尾形文繁)

国内最大の証券グループである野村ホールディングス(HD)のトップが8年ぶりに交代することになった。

2012年8月から社長兼グループCEOを務める永井浩二氏が2020年3月末に退任し、後任として現在、副社長兼グループCo-COOを務める奥田健太郎氏が就く。

1年以上前から「永井後継」を議論

奥田氏は1963年生まれの56歳。1987年に野村証券に入社し、経営企画部長などを経て、インベストメントバンキング(投資銀行)部門を歩んできた。直近では、野村の米州地域ヘッドとしてアメリカの投資銀行部門を統括していた。

永井氏の後継者選びは、1年以上前から社外取締役が中心になって指名委員会で議論をしてきたという。「野村のCEOに求められる資質をすべて備えたスーパーマンはいないが、IB(投資銀行)の経験が長く、社内外の方とのコミュニケーション力も高い奥田君なら良いだろうということになった」(永井氏)

奥田氏は「IT系など異業種の参入も増えており、将来の金融のメインプレーヤーは現在と同じではないのでは。市場のニーズをとらえ、変革の速度あげたい」とした上で、「社員1人ひとりが誇りのもてる会社にしていきたい」と抱負を述べた。新しいグループCEOとして永井氏の進めてきた路線を継承。2020年4月から改革をさらにスピードアップするという。

野村の抱える最大の課題は、営業部門にある。永井氏がグループCEOに就任した2013年3月期には、営業部門の税前利益は約1006億円だった。しかし、2019年3月期のそれは約494億円と半分以下に沈んでいる。外部環境の変化はあるものの、野村HDの屋台骨を支える営業部門にほころびが出始めている。

次ページ野村が急ぐリテール改革
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT