ボルボ「S60」乗ってわかった新型セダンの実力 競合多いカテゴリの中で特筆すべき点は?

拡大
縮小

価格は「T4モメンタム」の489万円にはじまり、今回の「T5インスクリプション」の614万円、プラグインハイブリッドの「T6ツインエンジンAWDインスクリプション」の779万円、そしてトップモデルである「T8ポールスターエンジニアード」(30台限定)の919万円までとなっている。

形式美だけでなく、ちゃんと実もある

セダンはじつはドイツ車をはじめ輸入車のなかでは、けっこう重要なポジションを占めている。S60の競合も多い。

選ぶ色でだいぶ雰囲気が変わる(写真:LEON編集部)

メルセデス・ベンツC200ローレスエディション(586万円)、BMW320i Mスポーツ(594万円)、アウディA4 40TFSIスポーツ(566万円)、さらにアルファロメオ・ジュリア2.0ターボベローチェ(589万円)もある。

冒頭の話に戻るが、やっぱりセダンと、セダンに乗ることというのは、かっこがいいものだ。スーツにも似ているかもしれない。でも、形式的というのではなくて、乗り心地のよさではSUVはかなわないなど、ちゃんと実もある。いい選択だと思う。

(文:小川フミオ / ライフスタイルジャーナリスト)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT