ボルボ「S60」乗ってわかった新型セダンの実力

競合多いカテゴリの中で特筆すべき点は?

T5インスクリプションのホイール径は標準で18インチでオプションで19インチが用意される(写真:LEON編集部)
SUVやミニバンがメインストリームになって久しい。そんな時代にあっても各メーカーが気概を持って発表するのがセダンだ。ワゴンの人気が先行するボルボも例外ではない。V60のセダン版と言われてしまう時代に、満を持して発表されたS60にはどんな思いがこもっているのか?

ボルボの考える最良のセダンとは?

イタリアでは自営業のちょっとこじゃれた男性は、ボルボに好んで乗るとか。イタリア車もいいけれど、北欧テイストの個性が立った内装と、安全装備と、しっかりした走りを体験すると、選択の趣味は悪くないと納得するものがある。

日本における最新のボルボモデルは、2019年11月5日に発売になったばかりのセダン新型「ボルボS60」。ここでは何度か書いてきたと思うけれど、セダンは、じつはクルマの原型ともいうべきもの。そのよさは、乗り心地とフォーマル性にある。S60は、それにスポーティなテイストが加わっている。

本記事はLEON.JPの提供記事です

2018年に日本に導入されたのがステーションワゴンの「ボルボV60」で、今回のS60はそのセダン版。全長4760ミリと伸びやかなボディに、最新のボルボ車のアイデンティティといえる、ちょっとアグレッシブなフロントマスクの組合せ。セダン=保守的というイメージなんて吹き飛ばしてくれる。

次ページスポーツギアの国スウェーデンならではのつくり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT