絶好調の伊藤園「茶カフェ」に映る静かな危機感

定番として盤石の地位だが新たな魅力も必要

11月1日にオープンした「オチャ ルーム アシタ イトウエン」は、渋谷という街を意識した伊藤園初の複合機能となっている(写真:伊藤園)

11月1日、東京・渋谷に「渋谷スクランブルスクエア」が開業した。

渋谷駅に直結し、同地区では2012年の「渋谷ヒカリエ」以来の大型商業施設として、200以上もの店舗が入る。国内大手から個人店、海外の店といったカフェチェーンも多く出店した。例えば「スターバックスコーヒー」「タリーズコーヒー」「上島珈琲店」「丸山珈琲」「ピースカフェ ハワイ」「カフェ コヴァ ミラノ」などだ。

施設内の10階には伊藤園が運営する「オチャ ルーム アシタ イトウエン」(ocha room ashita ITOEN。以下「オチャルーム」)という店もあり、高価格な茶系飲料を提供する。

「これまで『茶寮 伊藤園』などの店舗も手がけてきましたが、この店は飲食・物販・イベントスペースを三位一体で備えた、当社初の店です。年代・性別・人種・文化などを問わず、多様な人々が集まる渋谷だからこそ、出店を決断しました」

広報担当の山口愛一郎氏(伊藤園広報部副部長)はこう説明する。

まずは新しい店の横顔を紹介した後で、同社の取り組みを多角度から考察したい。

消費者と茶系飲料の「出合いの場」

「オチャルーム」には「物販」コーナーがあり、茶葉のほか、急須や湯呑み、茶道具なども約30点そろえる。ちなみにお茶の種類は、同じ茶葉の発酵度合いで緑茶・紅茶・ウーロン茶などに分かれるという。

「イベントスペース」は飲食スペースを活用した、最大10人程度の小規模イベントができる。「季節歳時に合わせた、お茶にまつわる有料セミナーやワークショップなどを不定期で開催する予定です」(山口氏)。

店の中核を成すのが「飲食」だ。例えば、抹茶、日本茶、紅茶といった定番飲料のほか、抹茶ラテ、ほうじ茶ラテ、抹茶わらび餅や抹茶しるこなどの茶系ドリンク・スイーツがある。さらにチーズティーや抹茶ビールもあり、軽食では抹茶の風味を生かしたバケットサンドイッチも提供する。あまりほかでは見ないラインナップだ。

次ページ価格は、渋谷に来る若者には高めに思えるが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナウイルスの恐怖
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。