ボジョレー解禁「ワインの帝王」実は鉄道マニア

火付け役デュブッフ氏、畑の横に鉄道博物館

小田急ロマンスカー「EXEα」の前に立つアドリアン・デュブッフ・ラコンプ氏(左)と小牧直樹ソムリエ(右、2018年11月15日筆者撮影)

11月の第3週の木曜日は何の日かご存じだろうか。ワイン好きなら周知の、ボジョレーヌーヴォー解禁日である。

バブルの頃に日本で一大ブームとなり、その後はすっかり定着した。解禁が「11月第3週木曜日の0時」というのは、全世界で定められており、2019年は11月21日だ。

日付変更線の関係から、原産国のフランスより、日本のほうが早く飲めることになっている。今でも全ボジョレーヌーヴォーの半数は日本に輸入されているという。

そのボジョレーヌーヴォー人気の火付け役が、ジョルジュ・デュブッフ氏だ。同氏の名前を冠したジョルジュ・デュブッフ社の白地に花柄の華やかなラベルのボトルを、誰もが1度は目にしたことがあるだろう。

ワイン畑の横に鉄道博物館

なんとこのジョルジュ・デュブッフ氏が、実は鉄道好きだという。そのうえ、趣味が高じて、ワイン畑の横に鉄道博物館を作ってしまったというのだ。

ボジョレーの帝王、ジョルジュ・デュブッフ氏(写真:サントリーワインインターナショナル)

そもそもボジョレーヌーヴォーとは何か。

「ヌーヴォー(Nouveau)」はフランス語で「新しい」という意味。「ボジョレー」はフランスのブルゴーニュ地方の南部に広がる地域と、そこで作られるワインを指す。本来の発音は「ボージョレ(Beaujolais)」だが、日本では「ボジョレー」で定着している。つまり「ボジョレーヌーヴォー」とは、ボジョレーでその年に収穫したブドウを醸造した新酒のことだ。

ボジョレーヌーヴォーはほとんどがガメ種という原料品種から作られている赤ワインで、その作り方は他の地域のワインとは異なっている。ちなみに白ワインもヌーヴォーとして売られているが、ボジョレーヌーヴォーと呼ばれるのは、赤とロゼのみだ。

もともとは初物として、そしてその年のブドウの品質を確かめるという目的もあり、地元で新酒のワインを飲む習慣が、1800年代には存在していたという。

それがボジョレーの隣街のリヨンで広まり始め、出荷を急ぐがゆえの品質低下を防ぐために、フランス政府が最初に解禁日を定めたのが1951年。その後、1985年に現在の11月第3木曜日と改定された。

その間、もっと多くの人にボジョレーワインのすばらしさを知ってもらいたいと、ヌーヴォーの解禁日を大々的なイベントにし、世界に広めたのが「ボジョレーの帝王」といわれるジョルジュ・デュブッフ氏だった。

次ページ小田急ロマンスカーでワインの旅
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT