ボジョレー解禁「ワインの帝王」実は鉄道マニア

火付け役デュブッフ氏、畑の横に鉄道博物館

私が驚いたのは言うまでもない。ここで初めてその事実を知ったのだ。

「その影響を受けて、私自身も鉄道が好きです。そしてジョルジュ・デュブッフのワイナリーは、パリ・リヨン・地中海鉄道が走る線路のすぐ横に作られています」

――なんというご縁でしょう!今度遊びに行ってもいいですか?

「もちろんです!」

実はアドリアン氏、今回のロマンスカーについても、乗車前から「どんな車両が来るのか? 古い車両なのか、新しい車両なのか?」と気にかけていたそうだ。

個人的には、ちょうどその1カ月前に廃止になったばかりの、特急ロマンスカーLSEにぜひ乗っていただきたかった。

なぜ鉄道ファンになったのか

その後、ジョルジュ・デュブッフ氏、アドリアン・デュブッフ・ラコンブ氏にすっかり親近感を持った私は、サントリーを通してフランスのお二方に、鉄道に関する質問をいくつかさせていただいた。

ロマネシュトラン駅とミニトレイン(写真:サントリーワインインターナショナル)

――鉄道好きになったきっかけを教えてください。

ジョルジュ氏(以下、ジョ):「子どもの頃から鉄道の駅の隣に住んでいたので。ボジョレーのワインはかつて鉄道でパリに運ばれていたので、つねにワインと鉄道は関わりがあります」

「景色を見ながら旅ができるから。飛行機は怖いんです。フランスから日本へ行ける列車ができればいいのに!」

次ページ好きな鉄道車両は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。