浸水リスクが高い「鉄道車両基地」は多数ある

より綿密な減災計画の策定が必要だ

都内23区内で洪水、高潮で浸水が想定されている車両基地が十数か所ある(各自治体のハザードマップによる)。多くが東京下町に集中している。被害が甚大となるのは、万一荒川が決壊した場合で、その場合、最悪で23区の3分の1が浸水してしまう。

*は洪水のほか高潮時も浸水、( )内は高潮時。地下の施設での浸水深は、真上または周囲の地上部分での数値。各車両基地には、路線名を記した以外の車両配置もある。銀座線渋谷、丸の内線小石川、有楽町線新木場、大江戸線高松(光が丘)、浅草線馬込の各車両基地は浸水想定なし。JR中野電車区は浸水想定なし。東急雪が谷検車区、奥沢車庫、小田急喜多見検車区は浸水想定なし。筆者作成

東京メトロ、都営地下鉄の車両基地では、中野(方南町)検車区の例(神田川など)を除けば、いずれも荒川の氾濫及び東京湾の高潮による被害想定だ。

地下に車両基地を造った例も

比較的初期に造られたものや、都心からやや離れている車両基地は地上にあり、近年建設のものは地下に設置したものが多い。

東京メトロの千住検車区(南千住駅近く)、背後は隅田川(10月26日、筆者撮影)

地上に広がるものでは、日比谷線千住検車区(3m未満)は、すぐ隣を隅田川が流れる。同地は大正時代くらいまでは沼田だった。目測では周囲の低い所より2m程度かさ上げして造られている。

高島平駅東方にある三田線志村車両検修場(5m未満)は、北側には荒川が流れていて、1970年頃までは水田で、一帯は都内有数の米蔵といわれていた。

都営新宿線大島車両検修場(右側大島小松川公園の地下)、左は新宿線旧中川の上に位置する東大島駅(10月26日、筆者撮影)

地下のものでは、南北線王子検車区(5~10m)は隅田川に隣接している。神谷堀公園の下に立地するが、ここは大正時代くらいまで、水運のために造られた堀だった。そこを埋め立てた場所である。

新宿線大島車両検修場(5m未満)は、東京下町でも有数の地盤沈下の地で、周囲の標高はマイナス2.5m。東大島駅北側にあり、旧中川に隣接している。車両検修場の地上部分が大島小松川公園となり、公園は人工地盤として標高約5mある。

次ページ地下への浸水を完全に防げるかが重要
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。