人気沸騰のプロ野球チケット販売に起きる進化

ダイナミックプライシングの手法は浸透するか

ソフトバンクの本拠地ヤフオク!ドーム(筆者撮影)

今年のプロ野球(NPB)も、福岡ソフトバンクホークス(ソフトバンク)が読売ジャイアンツ(巨人)に1勝も許すことなく圧勝し日本一となった。日本シリーズ3連覇は球団史上初の出来事だ。

2019年シーズンのセ・パ公式戦入場者数は2653万人を突破し、過去最高を記録した。1試合平均入場者数も、3万929人と初めて3万人を超えた。人気が加熱するなか、観たい試合のチケットが取れないことは日常茶飯事だ。そのチケット販売手法に大きな変化が訪れている。

ダイナミックプライシングがもたらした効果

今年7月16日の京セラドーム。パ・リーグのオリックス・バファローズ(以下オリックス)が、一般販売している全席を対象に、ダイナミックプライシング(需給に応じた変動料金制)によるチケット販売の実証実験を行った。その結果、ダイナミックプライシングを使わない場合に比べ、チケット収入が14%増加した。チケットの平均単価は2%下がったものの、販売数量が17%も伸びたのだ。

かつて、プロ野球のチケットはどの試合でも同一の席は同一の値段というのが当たり前で、集客力が高いセ・リーグの巨人や阪神タイガース(阪神)が対戦相手の日だけ、若干価格を上げるというのがせいぜいだった。

この慣習に風穴を開けたのが東北楽天ゴールデンイーグルス(楽天)。球団創設から5シーズン目にあたる2009年シーズンに、ゲーム開催時期や対戦カード、ユニホームやグッズの無料配布の有無などによって異なる需給をチケット価格に反映させる、フレックスプライス制を導入した。

次ページほかの業界では変動価格制は一般的
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。