副業に「飲食店経営」が絶対に無謀すぎる理由

「外国人観光客」相手にしたほうが勝機はある

副業に向いている職種と、向いていない職種の違いはなにか? (写真:Fast&Slow/PIXTA)
会社員の「副業解禁」が進む中、「いったいどんな仕事を副業に選べばいいのだろう?」と悩む人も多いはず。副業に向いている職種と、向いていない職種の違いはなにか? 元マイクロソフト社長にして、書評サイト「HONZ」の代表でもある成毛眞氏の新著『一流になりたければ2駅前で降りなさい』の一部を再構成してお届けする。

副業としてやるのなら、楽しみと喜びを感じられる「ものづくり系」が私のおすすめだ。副業も楽しみがなければ、ただの苦行にすぎない。

やってはならないのは、飲食店である。経営するのも、ここで働くのもとてもじゃないがおすすめできない。検討していた人がいるなら、副業プランは速攻で練り直しをしなくてはならない。

なぜ、飲食店の経営はダメなのか。

プロ野球選手が現役を引退すると、焼肉屋などの飲食店を経営すること、経営までいかずとも、店長を任されることも多い。これはきっと、現役時代に野球以外の業界で付き合いがあったといえば飲食関係くらいであるがゆえなのだろう。

また、飲食店経営“くらい”なら自分でもできそうだと、軽く見ているせいもあるのではないか。しかし実際には、飲食業ほど大変な業界もない、と私は思っている。

まず、プロが多すぎる。チェーン店のアルバイトは別として、飲食業はその道一筋のプロがひしめく世界だ。とくにバーなどはそうで、バーテンダーは若い頃からカクテル作りだけでなく、客との会話、2杯目のすすめ方、泥酔客のあしらい方などを身をもって学んでいる。踏んでいる場数は、われわれが想像するよりはるかに多い。バーでなくともそうである。

そうした世界へ、ほかの仕事しかしていなかった人がひょいっと入ったところで、絶対にかなうわけがない。やる前から負け戦。そんなものに挑むのはチャレンジャーではなく命知らずだ。

次ページ飲食店経営と不可分なリスク
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。