JAL救世主となるか、「チーム前原」の手腕


 タスクフォースによるJAL資産査定はすでに始まっている。焦点は航空機材の評価額だ。自社所有分約7000億円にオフバランスのファイナンスリース分約3000億円を合わせ1兆円に上るが、時価との乖離は大きい。

国内証券アナリストは「全日本空輸と違って簿価を下げていない。中古機を売る場合、簿価の半分でしか売れず多額の売却損が出る」と指摘。路線リストラを加速するほど機材が余り、赤字が膨らむ構図だ。今年度の最終赤字は会社計画630億円を大きく超え、債務超過に陥るとの見方もある。

このままでは年末にも資金ショートが起きる。タイムリミットが迫る中、命運はチーム前原の手に委ねられた。

■JALの業績予想、会社概要はこちら

(冨岡 耕 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT