「叱るのが苦手な管理職」でもできる3つの習慣

月初や新年の仕事始めは「デビュー」チャンス

真の原因が何なのかを判断することが難しい場合は、本人に質問をすればいいでしょう。例えば進捗が滞っているとか、目標に届いていないという場合、「何が原因でそうなっているんだろう?」と軽く聞いてみるのです。

「どうしても集計に時間がかかってしまって」という返事なら、Excelのスキルが足りないということがうかがえます。「怒られるのが怖くて、新規の飛び込み営業件数が伸び悩んでいます」という返事なら、行動不足が予想されるわけです。

このように質問を通じて、問題の原因が知識不足にあるのか、行動不足にあるのか、それを見極めるだけでも、指導内容が伝わらなかったり、指導の効果が出ずに感情的になってしまうことが少なくなるでしょう。

感情的に叱るという行動は、指導者が、自分の指導のつたなさを認めるようなものなのです。

ヒント3:「周囲への影響」を意識させる

「仕事が遅いよ」
「結局、何を伝えたいの?」
「できるんだったら、最初からやりなよ」
「気の緩みがあったよね」

叱る際に、こうした言葉を投げかけることがあるでしょう。こうした言葉を、より効果的に新人に伝える方法があります。例えば、こんな感じです。

「仕事が遅いよ。チーム全体にどんな影響を与えていると思う?

「結局、何を伝えたいの? 周りの人が困惑していることに気がついてる?

「できるんだったら、最初からやりなよ。周りはどのぐらい期待しているか、わかってる?

「気の緩みがあったよね。迷惑をかけてしまった人もいるのでは?

共通点は、あなた(指導者)の言葉だけでなく、周囲への影響を意識させることです。このように問いかけることで、多くの新人は「指導者に叱られた」だけでなく「周りにも迷惑をかけていた」と理解するのです。周囲への影響を考えさせると、その指導をより広い視点から理解し、深く受け止めさせることができます。

このアプローチは、新人を褒める際にも役立ちます。例えば、新人がいつも提出物を締め切り前に提出していて、それを褒めたいと思ったときは、「いつも提出期限の3日前には仕上げてくれるよね。あなたが早めに提出してくれるから、みんなも早く出そうと思ってくれているよ」と、組織全体へのよい影響を伝えるのです。

このように、「周囲に与える影響」を意識して伝えることで、新人を叱るときも褒めるときもその効果をより高めることができるのです。

以上、3つの視点から「叱る」ポイントを見てきました。これらを実践することで、あなたはきっと、大事なところで適切に叱ってくれる信頼できるリーダーとして見られるようになるでしょう。

ぜひ、実践してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT