消費増税された庶民が知らない法人税の不合理

大企業ほど税金を払わなくてすむカラクリ

ところがデジタル経済の発展した現在、電子商取引(ネット通販)や、映像や音楽などのコンテンツ、個人情報などが価値の源泉となっているビジネスモデルが幅をきかせています。

インターネットによるオンライン取引では、支店や工場などがなくても、日本で利益を上げることは可能です。国境を越えて展開されるビジネスに対して、従来型の原則では十分に課税できていないのです。

2019年6月、福岡で開催されたG20の経済閣僚会議では、GAFA(グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾン)といった巨大IT企業の租税回避行為への対応策が主要な議題となり、新たな国際ルールを取りまとめることで合意しました。

また、首脳陣が集まった大阪での2019年のG20でも主要テーマになっていたことでわかるように、グローバルに事業を展開するIT企業への「デジタル課税」は世界的にも大きな問題になっています。

税務調査の能力は低下、人員体制も不十分

税制ギャップが生じる要因には、いま述べたデジタル課税の問題に加えて、「タックス・ギャップ」(税務執行の不適正)があります。これは税務の執行が徹底されていない状況を意味します。

『消費税が国を滅ぼす』(文春新書)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

このタックス・ギャップが、巨額の税制ギャップ、すなわち法律に「書かれている税制」と、実際に「行われている税制」との乖離を生み出しているのです。

私は国税局OBではありますが、現在の日本の税務行政の質が低下していることを指摘せざるをえません。対象納税者数の増加や、複雑化した税務会計、続々と登場する新しいビジネスモデルなどへ十分に対応できる体制が整えられているのでしょうか。

OBとしては、はなはだ心もとない思いです。十分な職員数も確保できていないようですし、職員の税務調査能力も低下しているように思えてなりません。

とくに納税者に対する実地調査は極めて低調です。法人企業のすべてについて3年に1度は必ず実施してきた往時と比較すると、著しく低レベルだといえます。それゆえ多くの課税漏れが放置されており、適正な課税がなされていないのです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT