プリウスが復権!?日産ノートを逆転した理由

4月に首位に返り咲き、カギは最新装備の充実

それ以外にも、プリウスのマイナーチェンジで充実された運転支援が、日産車の中でノートにはまだ装備されていない。プロパイロットと呼ばれる運転支援機能は、すでに軽自動車のデイズでも搭載できるようになった今日、プリウスとの競り合いにおいて、ノートの1つの弱点となる可能性はある。

実は、トヨタのアクアもノートと同様だが、私自身、執筆に際して装備を再点検した折、ノートにプロパイロットが搭載できないことに驚いたほど、世の中に浸透した装備であり名称ではないだろうか。

運転支援機能を普及させるため、日産はミニバンのセレナにまずプロパイロットを装備する展開をした。ハイブリッド車としてのe-Powerは、ノートにまず採用されたあと、今日ではセレナにも車種追加されていることからしても、プロパイロットの一日も早いノートへの採用が、消費者のみならず販売面でも望まれるところだろう。

最新装備の充実度が販売動向を左右する

クルマの安心・安全や快適機能の採用は、早い循環で装備されることが望まれる時代となっている。最新の装備の充実度が、今後どの自動車メーカーにおいても販売動向を左右する要因になっていくのではないだろうか。

昨年9月にマイナーチェンジをして、それまでは3列シートの車種のみであったトヨタのシエンタが、2列シート車を追加するなどし、以後、じわじわと販売台数を増やしながら対前年同月比で100%超えの販売をし続け、今年8月にはプリウスさえ上回って同月1位の販売台数を獲得したのである。

マイナーチェンジしたプリウスの後ろ姿(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタは、マークX(かつてのマークⅡ)やエスティマ、そしてプレミオ(かつてのコロナ)の整理を行うことで、車種を絞り込みはじめている。一方、新型カローラではスマートフォンとの接続をより容易にし、積極的に利用できる液晶画面とTVのセット化や、運転支援の機能の充実に力を注ぎはじめている。最新装備を充実すると販売動向が動くという1つの象徴的姿として、マイナーチェンジを受けた現行プリウスにみることができるのではないだろうか。

自動車メーカーの新車開発の仕方も、例えばマツダでは新機能を毎年のように各車種へ展開し、順次素早く充実させる取り組みをはじめている。このように、数年先の動向を見極めながら、自社開発する新技術や新規機能を、新車発売後も素早く搭載できるよう事前に準備をしておく新車設計が、これからより一層求められる。装備や機能の充実が、毎月の販売台数の順位を左右するようになっていくのだろう。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。