凱旋門賞「頑張れ日本!」でも外国馬を買う理由

なぜ競馬は「万馬券=穴狙い」がお得なのか?

エネイブルの「凱旋門賞3連覇」はあるのだろうか?凱旋門賞を例に「なぜ一見当たりそうもない万馬券を取りに行くことが、実はお得なのか」を考えてみよう(写真:AP/アフロ)
競馬はもちろん、「馬券術」はさらに奥が深い。そもそも当たっても、一定の額を差し引いた分だけ配当に回るため、馬券でプラスになるのは難しい。だが、あまりお金をかけずにドンと儲ける手法はないのか?人気と実力の双方を兼ね備え、有力競馬ブログを主催するTARO氏が凱旋門賞を例に、読者に「万馬券を取るための極意」を伝授する。

今年も秋競馬の季節がやってきた。巷ではラグビーワールドカップにおける日本代表の奮闘ぶりが話題だが、「競馬の世界のワールドカップ」といえるのが、10月6日に開催される凱旋門賞(パリロンシャン競馬場、日本時間23時05分発走、今年は98回目)である。

万馬券を取るための「基本的な考え方」とは?

日本競馬にとって、凱旋門賞制覇は長年の悲願だ。その挑戦の歴史は今からちょうど半世紀前、1969年のスピードシンボリまで遡る。以降、幾多の名馬たちが挑み、そして夢敗れて来た。特に近年はディープインパクトやオルフェーヴルなど多くの日本馬が挑戦、2着を重ねること4回と、勝利まであと一歩のところまで近づいている。届きそうで届かない、それが現在の凱旋門賞なのである。今年もフィエールマン、ブラストワンピース、キセキの3頭が挑戦予定だ。

2016年からは凱旋門賞の馬券を日本国内から買えるようになった。それまではテレビの前で声援を送るしかなかったのが、今では日本馬の馬券を買って応援することができる。「日本馬の快挙を見届けつつ馬券でも儲ける」、そんな贅沢な時間を過ごすことも可能だ。

だが、凱旋門賞の馬券を買ううえで「頑張れ日本!」は正しい戦略とは言えない。もし馬券を買って「あわよくば儲けたい、万馬券(100倍以上の配当を受ける馬券)のような大きな配当を得たい」なら、言葉は悪いが、日本馬をむしろ嫌う「非国民的戦略」が良いかもしれない。

理由は単純明快だ。日本馬が弱いからではなく、「頑張れ日本」の応援票が入り、過剰人気になるからである。馬券は常に期待値(オッズ)との戦いだ。日本馬が実力以上に買われてしまう現状は、わざわざ「定価の何割増しかで商品を買うようなもの」だろう。

次ページ最近の日本馬は人気を集め、ことごとく惨敗中
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT