中川翔子「いじめられた過去を断ち切る方法」

インターネットとの楽しいつきあい方

――世間が「いじめを乗り越えた」ことを美談にする風潮があるように感じます。それについてはどう思いますか。

「学校に行きたくなければ、行かなくてもいい」「いじめから逃げてもいい」という言葉には、違和感があるんです。悪いのは完全にいじめの加害者なのに、(いじめられたほうが)負けたみたいじゃないですか。

「いじめは絶対にやってはいけないこと」

――今、中川さんをいじめた加害者グループに言いたいことは。

『「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「いじめは、人殺しにもつながる犯罪だということを忘れないでください」ですね。物理的ないじめは「暴行」だし、物を盗む隠すは「窃盗」です。陰口悪口も、いつか何倍にもなって自分に返ってくると思っていてほしいですね。

――われわれメディアが、いじめをなくすためにできることは。

大人がちゃんと被害者に寄り添って、「いじめ=絶対にいけないこと」と発信し続けることが大事です。18歳以下の自殺者数は、新学期が始まる9月1日が最多です。なので、いじめ問題についても8月末に特集が組まれますけど、子どもがいじめに苦しんでいるのはその日だけじゃない。いつでも、継続して発信し続けることが大事だと思いますね。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。