多目的トイレ使う健常者が全く気づかない視点

障害者の不便な現実から逆算する必要がある

リディラバ代表の安部敏樹氏(左)がパラリンピック銀メダリストアスリートの上原大祐氏に障害者を取り巻くさまざまな不都合について話を聞いた(写真:リディラバジャーナル)  
パラリンピック銀メダリストアスリートの上原大祐さんは、生まれながらの障害を持つ車いすユーザー。

障害者と健常者の共創を目指しNPO法人D-SHiPS32の代表を務め、障害者の理解促進にも取り組んでいる。

可視化されづらい障害者の不便や障害者側の課題、障害者から見た東京五輪への懸念などについて、リディラバジャーナル編集長・安部敏樹が話を聞いた。

多目的トイレは“多目的すぎる”

安部敏樹(以下、安部):今回、障害者を取り巻くさまざまな不都合について、当事者である上原さんに伺いたいんですが、まずは「日本でのバリアフリー、全然足りないでしょう!」という心の叫びを聞きたいなと。いろいろな場面でそう感じる機会は多いと思うんですが。

当記事は「リディラバジャーナル」からの転載です(元記事はこちら)。同サイトは有料会員制メディアです。リディラバの考え方はこちらをご覧ください。

上原大祐(以下、上原):日本でのバリアフリーは進んできているとは思うんですね。ただその多くがポーズになってしまっていると感じます。

例えば、僕のような車いすユーザーが使うトイレは「多目的トイレ」とか「だれでもトイレ」というものです。でもあれ、僕ら当事者からすると、「“多目的すぎる”トイレ」「“だれでもすぎる”トイレ」なんです。

安部:どういうことですか。

上原:ああいうトイレは、複数のマーク付いているじゃないですか。車いすマーク、ベビーカーマーク、ご高齢者マーク、妊婦さんマーク……。

その名のとおり、健常者も使える「だれでもトイレ」(写真:リディラバジャーナル)

用を足したり、おむつ替えをしたりするのに数十分かかるなど、とにかく時間がかかる人たちが使うわけです。そういう人たちを1カ所に押し込んでしまっている。

さらに健常者も使えてしまう。だって、「だれでもトイレ」という名前だから。もちろん、LGBTの人たちとかにとって必要な場ではあるんですけどね。

次ページ健常者は選択肢がいくつかあるが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。