価値観を買う。エシカルの可能性と課題

モノの裏側にあるテーマを考える買い物とは?

「まだまだ、ファッション業界でも、『エシカル? ああ聞くよね』くらいの反応も多いですが、トップマネジメントに近い人と話せば話すほど、新しいビジネスチャンスとしてだけでなく、社会をつくるコンセプトとしてやらないといけないという気持ちを持っています」

前回のroomsでエシカルエリアの創設を提案し、エシカルエリアのディレクターとなった坂口真生さんは言います。そして、roomsとしてエシカルを始めた理由について、以下のように語っています。 

「エシカルプロダクトは、競争力を考えたときに、まだいろいろと足りない。それにファッションの世界では、どうしてもトレンドの要素も重要になってくる。私たちH.P.FRANCEが展示会でこのようなエリアをつくる意味は、エシカルなテーマとトレンドを掛け合わせることにあります。さらに、そんなトレンドを超えて、テーマに向き合ってモノづくりをするようなブランドを応援していく仕組みを作らなければいけない。その最初のステップが、roomsのエシカルエリアになったらいいなと思っています」

roomsは、百貨店やファッションビルのトップバイヤーが集まることもあり、彼らの目にとまる可能性も十分にある場所。しかし、前にも挙げたとおり、実際に百貨店がエシカル商品の取り扱いをしても、なかなかそこから広がりが持てていない現実があります。坂口さんもエシカルプロダクトの社会への広がりが、現状では限定的であることを認めています。 

「立ち上げたばかりのブランドも多く、ビジネスとしての難しさに直面しているブランドも多くあります。そして、エシカルなテーマだけでなく、結局はプロダクトで勝負しなくちゃいけないが、デザイン力が不足しているという現実はあるでしょう。さらに、デザイン性を高めていくのはもちろんのこと、つくり方やコミュニケーションにもこだわっていかないと後が続かない。テーマが重かったり、深かったりするからこそ、コミュニケーションをデザインする、説明的でなく、ストーリーを楽しく見せる、ということも大事だと思います」

エシカルプロダクトは、テーマが深く重いものが多いだけに、売り方も説明的になりがちです。しかしそれをストーリー(物語)として、いかに楽しく伝えるかというのもひとつの大きな課題です。「製品のテーマ」×「品質」×「デザイン化されたコミュニケーション」の3つがそろっていないと、お客様に広がるのはなかなか難しいのです。

次ページ背景を含めて良いと思うモノを買う
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。