大阪市民よ怒れ!!橋下市長無責任自爆選挙

東京と大阪の、恥ずかしい首長選挙?

橋下氏は、「セカエリ」を読んで反省すべし

名著・「世界中のエリートの働き方を一冊にまとめてみた」のP41で

「“エリート達は信頼と評判を一番に大切にする”“誠実で信頼できるという評判を得ることこそが、自分のパワーと人脈の源泉”“公明正大であること、すくなくともそうみなされること”が、最強の武器にもなり、その反対が最大の命取りになる“」

という一節があるが、これこそ今、橋下氏が最も噛みしめなければならない言葉であり、まだ橋下氏がお買い求めでなければ、早急にセカエリを買って、その教訓をフォロワーが多いツイッターでツイートし、自身の支持者のレベルの底上げを図るべきではないか。

不遜にも自分を幕末の志士になぞらえた、幼稚で未熟な裸の王様に噛みしめて欲しい一節である。政権与党の指導者など強きにはおもねて、教職員、メディアに強権的に圧力をかけ続けた橋下氏は、府民からの信頼を失っているのではないか。

常に“敵”が必要で、名指しで批判して記者やメディアに圧力をかけるという手法で有名な橋下氏には、次に名指しで批判される際はぜひ、このコラムと「セカエリ」を批判していただくようお願い申し上げたい。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。