東京近郊の目立たなくて残念な「ミニ路線」10選

日帰りで楽しめる私鉄や三セクの名脇役

9)関東鉄道竜ヶ崎線

JR常磐線の佐貫(茨城県龍ケ崎市)と竜ヶ崎を結ぶミニ路線だ。

関東鉄道竜ヶ崎線のディーゼルカー(筆者撮影)

途中駅入地で列車のすれ違いはできないので、ワンマン運転のディーゼルカー1編成が線区内を往復している。所要時間は7分。

佐貫から竜ヶ崎に向かう時、ホームはすべて右側になるので、竜ヶ崎方の運転台は、通常の鉄道車両とは逆に進行方向右側に配置されている。終点に小規模な車両基地がある。

地下鉄の支線

10)東京メトロ丸ノ内線方南町支線

丸ノ内線の本線の中野坂上駅から分岐して方南町に至るミニ支線。途中には中野新橋と中野富士見町の2駅があり、中野富士見町駅近くに車両基地があるので、車両基地への入出庫を兼ねた路線でもある。

終点の方南町はホームが短く6両編成の電車が乗り入れできなかったので、3両編成の線内折返し電車が主力で、中野富士見町の車両基地への出入りを兼ねた列車のみが6両編成だった。

しかし、2019年7月に方南町駅ホームの延長工事が完成したため、池袋から新宿を経由して方南町が終点となる電車が定期的に運行されるようになった。首都の地下鉄としては異色の支線は、千代田線の北綾瀬支線とともに長い編成の電車が乗り入れ可能となり、利便性向上とともにローカル色は払拭されてしまった。

このほかにもミニ支線はあるけれど、とりあえず10路線のみを取り上げてみた。次回以降、名古屋圏や西日本のミニ路線をピックアップしてみたい。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。