スノーピークがアメリカ市場に本腰の理由

社長が米移住、「売上高500億円」目標の本気度

父(の幸雄氏)は、当時の登山や釣り道具に不満を持ち、自らが使いたい道具をデザインした。僕も自らが使いたいキャンプの道具をプロダクトデザインしてきた。そして梨沙も、同じ心持ちでアパレルのデザインをやっている。

そういう意味でスノーピークは、アウトドアのメーカーというより、人と自然をつなぐデザインをする会社に近い。

22年間続けてきたキャンプイベント

――1980年代終わりからのオートキャンプブームは1990年代後半に入ると一気に冷め、それにつれてスノーピークの業績も低迷したことがあります。今回のブームに不安要素はありませんか。

1980年代中盤までアウトドアと登山はほぼ同じ意味で、登山以外のアウトドアが根付いたのがオートキャンプからだった。それが2000年以降は一過性のブームではなく、時代とともに人間性の回復や癒やしが必要とされ、年々オートキャンプ参加人口が増えていると感じている。

スノーピークは、減収が続いていた1998年から全部門のスタッフが参加して、キャンプをしながら顧客の生の声を聴くキャンプイベント「スノーピークウェイ」を22年間続けている。利用者のニーズをくみ取りながら顧客とともに市場を作り、着実にキャンプ文化が定着する活動を続けてきた。

力を入れている「LOCAL TOURISM」などの体験型事業も、外からみればやみくもに事業を広げているように見えるかもしれないが、根底にあるのは「キャンプの力」。まったく軸はぶれていない。高度な文明社会へと日本が進む限り、キャンプの癒やしの力を使ったスノーピークの事業基盤は堅いと考えている。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。