日本発「10万円ダウン」は海外で支持されるか

ゴールドウインがNorth Faceのノウハウ投入

青山にオープンしたウールリッチ旗艦直営店のメンズコーナー。主力商品である高級ダウンジャケットが並ぶ(記者撮影)

海外の高級ブランド店が集まる東京・青山。ここに9月末、秋冬用のアウターを中心とするブランド「WOOLRICH(ウールリッチ)」の旗艦直営店がオープンした。1階がレディース、2階がメンズの2フロアで、店内には10万円以上の値札が付いたミドル丈のダウンジャケットが数多く並ぶ。

ウールリッチは、アメリカ発祥の老舗アウターブランド。創業家による本国での事業は衰退したものの、イタリアのアパレル販売会社・WPラヴォリが10年ほど前に欧州・アジアでの権利を取得してブランドを再生。現在は同社傘下の英ウールリッチ・インターナショナル(WI社)を通じて事業を展開している。

WI社が手掛ける現行の商品はイタリアで現代風にデザインされたもので、高級アウターとして欧州で人気が広まった。日本でも有名セレクトショップなどで取り扱いが増えている。

アウトドア仕様の商品企画を任される

実はこの青山の旗艦店を運営するのは、アメリカのアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」など、アウトドアやアスレチックの衣料を国内で展開するゴールドウインだ。

同社は昨年7月、WI社の株式の2割以上を取得して経営に参画し、商品面でも協力することで合意。これに伴い、国内の販売元も従来の別の企業からゴールドウインに切り替わった。

「ウールリッチで新規にメンズのアウトドアラインを立ち上げたい。その商品企画を担当してもらえないか」。今回の資本業務提携は、WPラヴォリからのこんな打診がきっかけだった。WI社の経営に参画することを条件として、ゴールドウインはこの要請を受け入れた。

次ページアウトドアで培ったノウハウを活用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT