日本発「10万円ダウン」は海外で支持されるか

ゴールドウインがNorth Faceのノウハウ投入

青山にオープンしたウールリッチ旗艦直営店のメンズコーナー。主力商品である高級ダウンジャケットが並ぶ(記者撮影)

海外の高級ブランド店が集まる東京・青山。ここに9月末、秋冬用のアウターを中心とするブランド「WOOLRICH(ウールリッチ)」の旗艦直営店がオープンした。1階がレディース、2階がメンズの2フロアで、店内には10万円以上の値札が付いたミドル丈のダウンジャケットが数多く並ぶ。

ウールリッチは、アメリカ発祥の老舗アウターブランド。創業家による本国での事業は衰退したものの、イタリアのアパレル販売会社・WPラヴォリが10年ほど前に欧州・アジアでの権利を取得してブランドを再生。現在は同社傘下の英ウールリッチ・インターナショナル(WI社)を通じて事業を展開している。

WI社が手掛ける現行の商品はイタリアで現代風にデザインされたもので、高級アウターとして欧州で人気が広まった。日本でも有名セレクトショップなどで取り扱いが増えている。

アウトドア仕様の商品企画を任される

実はこの青山の旗艦店を運営するのは、アメリカのアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」など、アウトドアやアスレチックの衣料を国内で展開するゴールドウインだ。

同社は昨年7月、WI社の株式の2割以上を取得して経営に参画し、商品面でも協力することで合意。これに伴い、国内の販売元も従来の別の企業からゴールドウインに切り替わった。

「ウールリッチで新規にメンズのアウトドアラインを立ち上げたい。その商品企画を担当してもらえないか」。今回の資本業務提携は、WPラヴォリからのこんな打診がきっかけだった。WI社の経営に参画することを条件として、ゴールドウインはこの要請を受け入れた。

次ページアウトドアで培ったノウハウを活用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。