新アップルウォッチを1週間使ってわかった事

「時計らしい機能」がついに搭載された

もう1つの進化のポイントとして、海外での緊急通報への対応がある。

これまでのApple Watchには、「緊急SOS」機能が備わっており、日本で救急への連絡にメディカルIDやGPS情報を加えて通知できた。同時に緊急連絡先の家族に自分の場所を通知する仕組みも用意されてきた。

ちなみにメディカルIDには、あらかじめ設定した自分の名前・生年月日、身長・体重、血液型、臓器ドナーの可否、緊急連絡先が含まれる。

これに加えて、新たに国際緊急通報機能が用意された。これは、自分が居住していない国でApple Watchのみを装着している際に事故やケガをしたとき、ローミングができないセルラーモデルのApple Watchから、その国の警察や消防などに電話することができる機能だ。

日本で購入したApple Watch Series 5 セルラー+GPSモデルは、海外に出かけた際、時計単体での緊急連絡の通話を行うことができる。ただし前述のように、メディカルIDやGPS位置情報など、付加的な情報の通知はできない。

さらに、日本を訪れる外国人は、Apple Watch単体での日本での緊急通報には対応できない制限がつく。ペアリングしているiPhoneを持っていれば、日本での緊急通報をApple Watchから行うことは可能だ。

海外に出かけた際、あるいは海外から日本にやってきた旅行者にとっても、この機能を使う機会はないほうがいい。ただし、もしもの備えとして、日本でも旅行者がこの機能を利用できるようにルールを調整すべきだと感じた。

容量増とwatchOS 6で活用範囲が広がる

もう1点、Apple Watch Series 5では、メモリーが倍の32GBに増加した。これによって、よりたくさんのアプリや音楽、Podcastなどを保存し、Apple Watch単体でワークアウト中などに楽しむことができるようになった。

Apple Watchと同じくAppleのウェアラブル製品の基軸となっているワイヤレスヘッドフォン、AirPods。実はこの製品の最初のきっかけは、Apple Watchで音楽を聴くためにどんなデバイスが必要か?というテーマが与えられて生まれた製品だったそうだ。

時計に直接ケーブルを差し込むことほど滑稽な姿はありえないし、これほど小さなデバイスにケーブルを差し込む穴を開けるのも現実的ではない。ワイヤレスで接続してお互いを補い合う存在として活用することを前提に、AirPodsが誕生した。

もともとイヤホンジャックがない製品のためのヘッドフォンであったことから、イヤホンジャックがなくなったiPhone 7以降のスマートフォンにも最適な組み合わせとなったのだ。

Apple Watchの容量増加によって、より多くの音楽をApple Musicなどからダウンロードして保存し、セルラー通信に頼らず音楽を楽しむことができる。

watchOS 6へのアップグレードで、オーディオブックの再生に対応したり、ボイスメモアプリが追加されることから、歩きながら何かアイデアをまとめる、といった用途にも大容量化したApple WatchとAirPodsの組み合わせが生かせる。

加えて、watchOS 6では、新たに周囲の音量を検出して大きすぎる騒音を知らせる聴覚機能や女性のサイクルの記録、そしてApple Watch単体でアプリがダウンロードできるApp Storeが新設される。

これまで、どちらかと言うとiPhoneのディスプレーやセンサーの拡張を手首に装着する、という印象だったApple Watchは、より独立した存在として、生活を支えてくれるようになるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT