2020年の米大統領選は「3月3日が超重要」なワケ

投資にも絶対に役立つ米大統領選の予備知識

トランプ大統領は8月のニューハンプシャー州の集会で民主党のジョー・バイデン候補を「スリーピー・ジョー」とディスって笑いをとった。すでに2020年の大統領選は始まっている(写真:ロイター/アフロ)

ちょっと気が早いかもしれないのだが、そろそろ来年のアメリカ大統領選挙を取り上げてみたい。ちょうど12日は、3回目の民主党大統領候補による討論会が行われたところだしね。早過ぎる、なんてことだけはけっしてないはずである。

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

何より今のトランプ大統領は、「再選されること」を最優先課題としてあらゆる政策判断を行っている。

日々繰り返されるトランプ氏のお騒がせ行動を読み解くためには、「2020年選挙」について知っておく必要がある。これがまあ、なんとも長いなが~い戦いなのだ。

2020年の米大統領選、東京五輪の時期は「休戦」

次に大統領選挙が行われるのは、来年11月3日火曜日である。投票日は、「4で割り切れる年の11月の第1月曜日の次の火曜日」と決まっている。だからかならず夏のオリンピック大会と重なる。来年の選挙日程をご覧あれ。東京五輪の時期はちゃんと外して日程が組み立てられている。これも「毎度おなじみ」の光景で、今年は二大政党が五輪日程をサンドイッチして党大会を開催する。2004年(アテネ大会、共和党のブッシュJr.大統領再選)や1992年(バルセロナ大会、民主党のクリントン候補勝利)と同じパターンですな。

〇2020年アメリカ大統領選挙日程

2月3日 アイオワ州党員集会
2月11日 ニューハンプシャー州予備選挙
2月22日 ネバダ州党員集会
2月29日 サウスカロライナ州予備選挙
3月3日 スーパーチューズデー(カリフォルニア、テキサス、ほか11州が開票)
3月10日 ミシガン、オハイオほか4州で予備選挙、ノースダコタ州党員集会
3月17日 アリゾナ、フロリダ、イリノイ州予備選挙
3月24日 ジョージア州予備選
4月4日 アラスカ州、ハワイ州、ルイジアナ州
4月7日 ウィスコンシン州予備選挙
4月28日 ニューヨーク州ほか5州
7月13-16日 民主党大会(ウィスコンシン州ミルウォーキー)

(7月24日-8月9日 東京五輪大会)

8月24-27日 共和党大会(ノースカロライナ州シャーロット)
9月末-10月 テレビ討論会(大統領候補3回、副大統領候補1回)
11月3日 一般投票・開票

次ページなぜ来年の3月3日が圧倒的に重要なのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT