「この資格があれば安泰」と考える人の大間違い

ココナラ社長が語る100年時代の「個人の力」

セルフリーダーシップを発揮して、心が満たされることを夢中でやり続けていたら80歳になっていた。ふと振り返ったら、その道のりが自分のキャリアだった――これは最高のハッピーエンドだ。「お金か、やりがいか」という議論はしばしばなされているし、もちろんお金は必要だ。特にこれからの少子高齢化、そして人生100年時代を考えると、これまで以上にお金が大事だともいえる。

個人の力その1であるスキルには、「稼げるスキル」という面が備わっていなければいけない。そして逆説的だが、「稼げるスキル」は、「稼ごうとしない」ことで手に入る時代になっているのだ。なぜならば、長期にわたり働くことを考えると、今稼げるスキルが、将来稼げるスキルとは限らないからだ。時代にあった新しい稼げるスキルは、「たとえそのときは稼げなくても、本気になって頑張れる」仕事を通じてしか身につけられない。

心を満たす仕事をすることが大事

だからこそ、心を満たす仕事をすることが大事だ。好きなことであれば人は頑張れるし、好きで得意で頑張れる仕事のほうが、お金をたくさん稼げる確率が高くなる。長く働き続けるには、我慢ではなく、やっていてわくわくすることを見つけるべきだ。その意味で、心が否定するものからは、全力で逃げたほうがいい。スキルはひとつでなくていいから、「そこそこ好きで、わりと稼げる仕事」と「稼げなくても心満たされる仕事」の2つを持つというスタイルもいいだろう。

『好きなことしか本気になれない。 人生100年時代のサバイバル仕事術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

やるべきことを一生懸命やりつつも、自分の価値観に従って「ああ、こっちかも」と思ったら違うやり方もとれる、ゆるやかなスタンス。この過去に縛られない自由なスタンスが、得意で好きなことを仕事にするためには大切だ。

では、どうすればいいのだろう? 結論を数式で表現すると、このようになる。「個人の力=スキル+自分の価値観+セルフリーダーシップ」。厳しい現実に直面するこれからの時代に、これは理想論だろうか。

それとも、理想と現実のギャップを埋めていく工夫をすることが、「よりよいキャリア」「よりよい自分」「よりよい世界」を手に入れるためのリアルな方法だろうか。どちらかはあなたの価値観で判断していただきたいが、後者であるというのが僕の価値観だ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。