「Apple丸の内」9月オープンで吹き始める新風

停滞していた日本の直営店戦略が、再び拡大

せまる開店に向けて仮囲いが施されるApple 丸の内。9月7日オープンの予定(写真:アップル)

アップルは8月26日、9月7日に東京・丸の内に直営店「Apple 丸の内」をオープンすると発表した。

アップルで直営店を担当しているリテール+人事担当シニアバイスプレジデントを務めるディアドラ・オブライエン氏からコメントを得た。

「日本で最も新しく、そして最大の店舗となるApple 丸の内をオープンすることをとても楽しみにしています。 アップルは、2003年に日本においてアメリカ外で初となる店舗をオープンして以来、このすばらしい国でお客様と築いてきた長い歴史を誇りに思っています。

Apple 丸の内によって、東京でのApple体験は最高のものとなります。われわれは、お客様をこのすばらしい新しいApple 丸の内にお迎えすることを、待ちきれない気持ちです」

同氏の言及にもあるとおり、丸の内に新たにオープンする店舗は日本で最大規模となる模様で、すでに日本でも展開され始めた新世代店舗の機能を合わせながら、世界各地の店舗で行われている「その土地に合わせた店舗デザイン」が施されるそうだ。

丸の内の建築といえば、東京駅のレンガ造りをはじめとして、日本の近代化に合わせて名建築がたくさん現れ、昨今のビルの建て替えで保存と復元が進められてきたエリアでもある。そうしたテイストを踏襲することになるのではないだろうか。

しばし停滞していたかに見えた日本の直営店戦略が、再び拡大に転じた背景について探る。

アメリカ外では初出店となった銀座

アップルの直営店は、現在世界で最も注目される小売店だ。

長らく、高級ブランドのブティックを抑えて、床面積あたりの売上高トップを維持している。アマゾンをはじめとするオンラインコマースが成長し、小売チェーンの大崩壊を経験したアメリカにおいても、アップルの店舗はその存在価値を明確にしてきた。

次ページアメリカの店舗の特徴は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。