テロリズムの罠(左・右巻) 佐藤優著

テロリズムの罠(左・右巻) 佐藤優著

「現状の閉塞状況が続くと、テロかクーデターが必ず起きると筆者は危惧する」。日本を憂える人気作家の社会評論を集めた2冊。「明るい絵が描かれていない」論考が多い。

副題「新自由主義社会の行方」の左巻では、市場による競争で、公正な配分ができるとする「新自由主義」の危うさを指摘。格差の拡大で、「国が内側から崩れ、弱体化しつつある」という。

副題「忍び寄るファシズムの魅力」の右巻では、資本主義の問題を国家権力の強化で歯止めをかける運動の総称「ファシズム」が世界で広がる現状を分析。これは人種主義と結びつく懸念がある。

問題への対応で「罠」にはまらないためには「知的基礎体力の強化」が必要と訴える。

角川oneテーマ21 各760円

・Amazonで見る 左巻 右巻
・楽天で見る 左巻 右巻

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。