7月の訪日外国人、韓国からは前年比7.6%減

全体では5.6%増の299万人と過去最多を記録

 8月21日、日本政府観光局が発表した今年7月の訪日外国人客数は、前年比5.6%増の299万1200人だった。写真は銀座で2016年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 日本政府観光局が21日に発表した今年7月の訪日外国人客数は、前年比5.6%増の299万1200人だった。1カ月の客数としては過去最多。しかし、韓国からは同7.6%減の56万1700人だった。日韓関係の悪化が影響したとみられる。

今年1─7月の総客数は同4.8%増の1962万4800人。同じ時期の韓国からは同4.3%減の442万4400人だった。

7月の国別では、多い順に中国が同19.5%増の105万0500人、2位が韓国、3位が台湾の同0.3%減の45万9200人だった。

(田巻一彦)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT