7月の訪日外国人、韓国からは前年比7.6%減

全体では5.6%増の299万人と過去最多を記録

 8月21日、日本政府観光局が発表した今年7月の訪日外国人客数は、前年比5.6%増の299万1200人だった。写真は銀座で2016年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 日本政府観光局が21日に発表した今年7月の訪日外国人客数は、前年比5.6%増の299万1200人だった。1カ月の客数としては過去最多。しかし、韓国からは同7.6%減の56万1700人だった。日韓関係の悪化が影響したとみられる。

今年1─7月の総客数は同4.8%増の1962万4800人。同じ時期の韓国からは同4.3%減の442万4400人だった。

7月の国別では、多い順に中国が同19.5%増の105万0500人、2位が韓国、3位が台湾の同0.3%減の45万9200人だった。

(田巻一彦)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。