巨大ブルドーザーが街を襲った驚愕事件の顛末

警察カメラが撮っていた「激戦3時間の記録」

2004年6月4日金曜日午後2時すぎ……警察に1本の通報電話が入る。「巨大ブルドーザーが、気が狂ったように走り回っている」と。

暴走する巨大ブルドーザー。「ワールドポリスカム~世界の警察が撮った重大事件・決定的瞬間~」は8月31日(土)21時から放送(写真:フジテレビ取材班提供)

巨大ブルドーザーが暴走? いったい、何が起きているのか? 現場に駆けつけた警察官は目を疑った。

目の前に広がる無残な光景……破壊音のする方向へ足を進めると、そこには見たこともない巨大装甲車のような姿が……。

前方には大きなシャベル、武骨な黒い鉄骨に覆われたその車体には運転席が見当たらない。しかも、車体には複数の穴があり、そこからライフルの銃口が顔を出し、警官たちに弾丸を浴びせてくる。

多くの車を押しのけながら、街を破壊、傍若無人に振る舞う姿に、警察官はとてつもない恐怖を感じていた。その時の様子を捉えた映像にも、ただ傍観するしかない警察官の後ろ姿が記録されている。

多くの車を破壊しながら進むキルドーザー(写真:フジテレビ取材班提供)

このままでは多くの人命が奪われかねない。住民を避難させると同時に、警察官は、あらゆる手段を使って、この“巨大モンスター”を止めるべく闘いを挑んだ。

しかし、まったく歯が立たず、銃弾は跳ね返される。

最初にコンクリート工場を破壊した「キルドーザー」は、続いて、街の中心部へ。市役所、銀行、さらには、新聞社の入っているビルへと襲いかかる。

よみがえる当時の恐怖の記憶

当時、このビルにいた新聞社の社員は、われわれの取材に対し、こう語った。

犯人のアジト工場の内部。「ワールドポリスカム~世界の警察が撮った重大事件・決定的瞬間~」は8月31日(土)21時から放送(写真:フジテレビ取材班提供)

「地震が起きたかのようにグラグラ揺れ始め、その後、建物が一気に崩れ始めた。その後、頭上を銃弾がかすめ、必死に逃げ出したんだ」

昨日のことのように、よみがえる恐怖の記憶、今でも忘れられないという。

一方、別の捜査員は、道に刻まれた大きな轍(わだち)をたどり、「キルドーザー」が生み出されたアジトを突き止めていた。

その場所は、大きな穴が開いたガレージだった。あのモンスターは、このガレージで作られ、壁を突き破り、外へと出てきたのだ。ガレージ内部の壁には、今回の犯行を示唆する手書きの文字が……。

次ページ ヒーマイヤーという男とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。