巨大ブルドーザーが街を襲った驚愕事件の顛末

警察カメラが撮っていた「激戦3時間の記録」

巨大ブルドーザー「キルドーザー」の襲撃を受けたコロラド州にある新聞社スカイハイニュースの外観(写真:フジテレビ取材班提供)

今から15年前の2004年6月……アメリカ・コロラド州の田舎町で全米を震撼させる重大事件が起きていたことをご存じだろうか? それは、1人の男が狂気ともいえる“巨大モンスター”を自宅倉庫で造り上げ、それを操り、銀行や新聞社さらに役所までも……1つの町を完膚なきまでに破壊するという信じがたいものだった。その事件はなぜ引き起こされたのか? 地元警察官たちは、街を破壊し続ける“巨大モンスター”といかに闘ったのか?

フジテレビ系全国ネットで8月31日(土)21時から放送される「ワールドポリスカム~世界の警察が撮った重大事件・決定的瞬間~」の取材班は、事件が起きたコロラド州グランビーを取材、地元警察に残る犯行の一部始終を捉えたビデオ映像のほか、297枚に及ぶ捜査写真、そして犯人の犯行声明などを入手、事件の真相をつかむべく追跡取材した。

警察カメラに刻まれた狂気の破壊行為

アメリカをはじめとする世界各国の捜査現場で、警察官が常時撮影を行う小型高性能カメラ・通称「ポリスカム」。ポリスカムは警察が捜査を開始した瞬間、自動的に録画が始まり、これまで決して捉えることができなかった重大事件の最前線が、信じられないほどの至近距離で撮影されている。

取材班が訪ねたのは、ロッキー山脈を望む自然豊かな町・グランビーにあるグランド郡警察。そこで見せてもらった映像には、街を破壊する“巨大モンスター”の姿が克明に捉えられていた。前後に、複数の穴が開けられ、銃口がのぞいている。そのモンスターが街中を縦横無尽に動き、次から次へと建物を破壊している。

キルドーザーが街を破壊する様子を映したポリスカム。「ワールドポリスカム~世界の警察が撮った重大事件・決定的瞬間~」は8月31日(土)21時から放送(写真:フジテレビ取材班提供)

銀行、役所さらには新聞社の入るビルまでも……警察も銃などを使って、必死に対抗しようとするが、厚い鉄板に覆われたモンスターは、あらゆる弾丸にも、びくともしない。最終的に、プロパンガス施設の破壊を目論んだとみられるモンスター。

このままでは、建物だけの破壊にとどまらず、大爆発を伴う大惨事に発展してしまう……。

この巨大モンスターは、後に、殺人ブルドーザー「キルドーザー」と呼ばれ、今も町の人たちに大きなショックを残していた。取材に対し、口を閉ざす街の人々。「忘れたい、関わりたくない」……それほどまでに住民を恐怖に陥れた「キルドーザー」は、1人の男によって生み出されたものだった。

次ページ1本の通報「巨大ブルドーザーが暴走している」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。